8日 ~心が決めている~

たとえ、どんなことが起きようとも、それを「不幸」「悲劇」「つらい」「悲しい」「苦しい」と思わずに、むしろそれを「幸せ」「喜び」「楽しい」「嬉しい」と“正しく”捉えなおすこと、それこそが、今生で問われているらしいのです。

現状の起きていることは、すべてあなたを悟らせる為に起こっているとも言われています。
そのように見ると、良いとか悪いという表現や感情が薄れていきます。

与えられていることは自分にとって必要で起こっている。
必然として今起きている。
そこから私が学ぶにはどうしたらいいかと。

明石家さんまさんは、「どうやったら面白くなるか、を考えたらつまらないことが無くなった」と言ってました。

ただ選ぶ羽目になった方を選べばいい、やる羽目になったことをやればいい、ということです。

羽目になったことをやっていると、あるところまで連れて行かれます。

すべて自分の心が決めていることなのですから、どうせなら、「幸せ」「喜び」「楽しい」「嬉しい」と“正しく”捉えて生きていきたいものです。

【出典:Blog小林正観さんに学んだこと31日】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)