暖冬と云われるが、この日は冷たい雨が降っていた

先日から右足の調子が悪く、今日の朝5時頃に目が覚めトイレに行った。用を済ませベットに戻ろうとしたとき、右足に力が入らない。壁を使って何とかベットに戻った。

昨年の5月にも同じようなことが起こった。旅行先での出来事である。その2・3日前に前兆(何か右足がおかしい)があったので、折りたたみ杖をネットで買っておいた。折りたたみ杖は次の日に届いたので、それをリュックに入れ旅行に行った。新神戸駅から博多まで新幹線で行った。車内では移動しても問題なかった。博多駅に着いてホームに降りた途端、右足に力が入らなくなった。慌てたが、リュックに折りたたみ杖を入れておいたので、リュックから出し何とか歩行できた。

9時頃には何とか歩けるようになったので総合病院にを受診した。前回は整形外科で特に問題が無く、『後は脳神経外科かな?』と言われていたので、脳神経外科で受診した。CTで問題は無かった。更にMRIで検査をした。問題は無かった。9時半に病院に着き、診察が終わったのが14時だった。お昼は病院内の売店でサンドイッチを買って食べたが、病院を出るときには、安心したのかすごくお腹がすいていた。

この日は冷たい雨が降っていて風もきつくとても寒かったが、家に着いたときほっとした感じで、すごく生きていることをありがたく実感したので、備忘録として残すことにした。年金生活者の私にとって、普通の生活ができることに感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)